理不尽な異動から逃れる転職のために面接を成功させる

異動に疑問を感じる看護師へ・・・

看護師の異動と私

看護師をして10年経ちました。最初はどの部署でも楽しく働くことができたのですが、異動が続くと自分に合わない上司や部署が判断できるようになりました。しかし、異動は絶対のため毎日が苦痛で、ある時自分で納得できない異動の辞令が出たとき転職しました。当時は転職に不安でしたが、今では、転職して良かったと思っています。同じ思いをしている看護師のためにサイトをつくりましたので参考にしてください。当サイトへのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

CATEGORY

面接のポイントを再確認しよう!

理不尽な異動なら転職
面接のポイントを再確認しよう!
Pocket
LINEで送る

面接前にチェック

面接が決まったら、面接会場と時間、交通手段のチェックは大事です。なぜなら面接会場が病院だと思っていたら、近隣のイベントスペースや病院の運営事務局という場合があるからです。特に、まだ行ったことのない土地は迷いやすいので事前にしっかり把握しておくと時間に余裕ができます。面接に必要な物も、前日までにしっかりチェックしましょう。基本、病院側から持ち物を指示されますが、筆記用具、履歴書、職務経歴書の3点は必ず必要なので忘れないようにしましょう。
また、履歴書は面接での質問対象となるので、しっかりと記入し内容を覚えておきましょう。面接は緊張や不安など身体にストレスがかかります。面接に不安がある人に、面接の練習として使えるアプリを紹介します。
まずは、面接を経験したことのある社員や人事で働く人からのアドバイス、面接の前後で元気になるようなヒントや記事を見ることができる「面接の前後で元気になるアプリ」です。

面接の前後で元気になるアプリ

面接の前後で元気になるアプリ

次は、面接でよく聞かれる質問を、一定時間内で答えるトレーニングができる就活生の面接練習を目的としたアプリです。回答後には、ワンポイント・アドバイスが与えられ参考になります。家にいながら一人で面接の練習ができて便利な「面トレ!」です。

面トレ!

面トレ!

面接時のマナー

面接では、質問の答えだけではなく答え方やマナーもチェックされています。看護師は、患者さんと接する仕事のため話し方や態度の印象、相手のことを考えた接し方が必要になります。面接会場に入室する時にドアを3回ノックする、採用担当者に勧められるまで椅子に座らない、挨拶を言ってから頭を下げて退室するなど基本的なマナーが大事です。間違ったマナーの一例として、採用担当者に背中を向けることが失礼と思い後ろ手でドアを閉める人もいますが、これはかえって失礼にあたるので、背を向けてしっかりドアを閉めましょう。会社であれば、志望先のことを「御社(おんしゃ)」と呼びますが、病院の場合は「御院(おんいん)」と呼びます。また、病院名に様をつける人もいますが、これは採用担当者へあまり良い印象を与えません。

面接時の身だしなみ

看護師は普段から身だしなみに敏感で、衛生面に気を使わなければいけません。面接時も、採用担当者は身だしなみを特に注意して見ています。面接前には、美容院へ行き長い髪は切りそろえておきましょう。髪を染めているのであれば黒に戻しておいたほうが良いです。前髪が眉にかからず、耳も出すような髪型が好印象を持たれます。女性は肩よりも長い髪の毛の場合束ねておき、イヤリングやネックレスなどのアクセサリー類やネイルなども避けましょう。病院は厳粛な雰囲気のある職場なので、働く看護師にもまた雰囲気を守ることが求められます。面接の時点から真面目に見えるように努力が必要です。

異動に悩むあなたにおすすめの記事!